お菓子の自販機は儲かる?メリットとデメリットを網羅

自販機でうまく稼ぐコツ

>

自分で管理できない場合

自分は本業に集中しよう

基本的にお菓子には、賞味期限があります。
ですからずっと同じお菓子を、自販機の中に入れることはできません。
定期的に交換したり、なくなっているお菓子があれば補充したりしてください。
自販機の管理ができるのか考えて、無理だと思ったら業者に任せましょう。
すると自分は電気代を支払うだけで良いので、負担を削減できます。

しかし収入は業者と半分にするので、少なくなる面がデメリットです。
事前に、どのくらいの割合で半分にするのか話し合ってください。
悪質な業者だと、9割近く収入を徴収されるので注意しましょう。
たくさんの人から依頼されていて、何年も自販機の管理業務に携わっている業者は信頼できます。
良い業者を見極めて、管理を任せましょう。

売れ筋商品を見極める

お菓子が売れ残った場合は、捨てるのはもったいないので自分で消費してください。
売れ残りが多くなると、消費する量が増えるので大変になってしまいます。
そこで、お菓子が売れ残らないように人気を調べてください。
人気があるお菓子ならみんなが買うので、売れ残ることはありません。

ずっとお菓子が売れ残る状態が続いている時は、種類に問題があると思ってください。
ネットで調べることで、売れやすいお菓子を把握できます。
また自販機を設置している場所や、利用する年齢層に合わせることも重要です。
サラリーマンが多く使っているなら、ボリュームのあるお菓子が好まれるでしょう。
大人の女性が多い場所では、低カロリーのお菓子がおすすめです。


この記事をシェアする
TOPへもどる